李梅渓(読み)り ばいけい

美術人名辞典の解説

李梅渓

江戸前期の儒者。和歌山藩儒一恕の長男。名は全真、字は衡正、江西・梅溪潜窩と号する。父及び永田善斎に学び、和歌山藩儒となる。天和2年(1682)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李梅渓 り-ばいけい

1617-1682 江戸時代前期の儒者。
元和(げんな)3年生まれ。李一恕(いつじょ)の長男。紀伊(きい)和歌山藩士。父および藩儒永田善斎にまなび,初代藩主徳川頼宣(よりのぶ)の長男光貞の侍読となる。「徳川創業記」「徳川創業記考異」などをあらわした。天和(てんな)2年10月22日死去。66歳。名は全直。字(あざな)は衡正。通称は玄蕃別号に江西,一陽斎,潜窩など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android