コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村の家 むらのいえ

2件 の用語解説(村の家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むらのいえ【村の家】

中野重治短編小説。1935年《経済往来》に発表。左翼作家高畑勉次は治安維持法違反で投獄され,2年間,病気・発狂の恐怖,転向の誘惑と闘ってきたが,執行猶予で出所して,1週間前から帰郷している。老父孫蔵は温和で正直な苦労人だが,村の生活を綴った手紙を獄中に送り,何度も上京して息子を励まし,擁護してきた。今,父は子に〈村の家〉の過去および現在のすべての行き詰りを説き,転向したからには筆を折って百姓になれ,と言う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村の家
むらのいえ

中野重治(しげはる)の短編小説。1935年(昭和10)5月『経済往来』に発表。左翼作家高畑勉次(べんじ)は治安維持法違反で投獄され、2年間、病気・発狂の恐怖、転向の誘惑と闘ってきたが、執行猶予で出所して、1週間前から帰郷している。老父孫蔵は温和で正直な苦労人だが、村の生活をつづった手紙を獄中に送り、何度も上京して息子を励まし、擁護してきた。いま、父は子に「村の家」の過去および現在のすべての行き詰まりを説き、転向したからには筆を折って百姓になれ、という。息子は、「よくわかりますが、やはり書いて行きたいと思います」とやっとの思いで答える。「転向」を自己の生存の根源でとらえ直し、そこから再出発のエネルギーをくみ出した、「転向小説の白眉(はくび)」である。[満田郁夫]
『『村の家』(『歌のわかれ』所収・新潮文庫) ▽木村幸雄著『中野重治論 作家と作品』(1979・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村の家の関連キーワード黒猫短編小説坪田譲治文芸掌編小説中編小説或阿呆の一生短編二十一の短編森山啓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村の家の関連情報