コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村の家 むらのいえ

世界大百科事典 第2版の解説

むらのいえ【村の家】

中野重治短編小説。1935年《経済往来》に発表。左翼作家高畑勉次は治安維持法違反で投獄され,2年間,病気・発狂の恐怖,転向の誘惑と闘ってきたが,執行猶予で出所して,1週間前から帰郷している。老父孫蔵は温和で正直な苦労人だが,村の生活を綴った手紙を獄中に送り,何度も上京して息子を励まし,擁護してきた。今,父は子に〈村の家〉の過去および現在のすべての行き詰りを説き,転向したからには筆を折って百姓になれ,と言う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村の家
むらのいえ

中野重治(しげはる)の短編小説。1935年(昭和10)5月『経済往来』に発表。左翼作家高畑勉次(べんじ)は治安維持法違反で投獄され、2年間、病気・発狂の恐怖、転向の誘惑と闘ってきたが、執行猶予で出所して、1週間前から帰郷している。老父孫蔵は温和で正直な苦労人だが、村の生活をつづった手紙を獄中に送り、何度も上京して息子を励まし、擁護してきた。いま、父は子に「村の家」の過去および現在のすべての行き詰まりを説き、転向したからには筆を折って百姓になれ、という。息子は、「よくわかりますが、やはり書いて行きたいと思います」とやっとの思いで答える。「転向」を自己の生存の根源でとらえ直し、そこから再出発のエネルギーをくみ出した、「転向小説の白眉(はくび)」である。[満田郁夫]
『『村の家』(『歌のわかれ』所収・新潮文庫) ▽木村幸雄著『中野重治論 作家と作品』(1979・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村の家の関連キーワード芳村 伊十郎(6代目)エルンスト ワーグナームスチエサントマリーアカマタ・クロマタホスポダール長谷川こま子ボロンコーワ島崎 こま子中野 重治由利鎌之助古庄ゆき子春田打ちゴキブリ福井地震ニブヒ語我妻東策大家族荘園民変村家

村の家の関連情報