コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上享一 むらかみ きょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上享一 むらかみ-きょういち

1866-1906 明治時代の鉄道技術者。
慶応2年1月1日生まれ。山陽鉄道にはいり,技師長南清のもとで線路建設にあたる。のち豊州鉄道の技師をへて,南とともに大阪で鉄道工務所をひらく。諸鉄道の設計・測量などをうけおい,技師長,顧問として工事に参画した。明治39年8月18日死去。41歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村上享一の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android