コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上実 ムラカミミノル

デジタル大辞泉の解説

むらかみ‐みのる【村上実】

[1906~1999]野球監督。兵庫の生まれ。昭和7年(1932)阪急電鉄入社、プロ野球球団阪急ブレーブス(オリックス前身)の設立に大きく貢献し、監督も務めた。同25年にはパリーグ理事長に就任し、2リーグ制フランチャイズ制・コミッショナー制の確立に尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上実 むらかみ-みのる

1906-1999 昭和時代の野球人。
明治39年8月12日生まれ。昭和7年阪急電鉄に入社。11年プロ野球球団阪急の創設にかかわり,12年秋季の監督をつとめる。25年パリーグ理事長。球団経営のほか,2リーグ制,フランチャイズ制,コミッショナー制などの確立につくした。平成7年野球殿堂入り。平成11年5月4日死去。92歳。兵庫県出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村上実の関連キーワード昭和時代村上

村上実の関連情報