コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上成之 むらかみ しげゆき

1件 の用語解説(村上成之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上成之 むらかみ-しげゆき

1867-1924 明治-大正時代の歌人。
慶応3年9月27日生まれ。伊藤左千夫に師事し,「馬酔木(あしび)」「アララギ」に作品を発表。明治40年から群馬県高崎中学教師をつとめ,教え子土屋文明がいる。村上鬼城とまじわり,句作もした。歌集「翠微」が没後にまとめられた。大正13年11月30日死去。58歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。国語伝習所卒。号は蛃魚(へいぎよ)など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村上成之の関連キーワード岸清一新教育チェコ文学高校野球父を売る子フランス映画藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone