コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翠微 スイビ

デジタル大辞泉の解説

すい‐び【×翠微】

薄緑色にみえる山のようす。また、遠方に青くかすむ山。
「目睫の間に迫る雨後の山の―を眺めていた」〈秋声縮図
山の中腹。八合目あたりのところ。
「麓に細き流れを渡りて、―に登る事三曲二百歩にして」〈幻住庵記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいび【翠微】

山の中腹、八合目あたり。 「 -に登ること三曲二百歩にして/幻住庵記」
遠くに青く見える山。 「かやつりて-つくらん家の内/蕪村句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

翠微の関連キーワード出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧西山(中国)太宗[唐]心越興儔雪村友梅桐柏山脈村上成之東皐心越清涼山西山目睫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android