コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翠微 スイビ

2件 の用語解説(翠微の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐び【×翠微】

薄緑色にみえる山のようす。また、遠方に青くかすむ山。
「目睫の間に迫る雨後の山の―を眺めていた」〈秋声縮図
山の中腹。八合目あたりのところ。
「麓に細き流れを渡りて、―に登る事三曲二百歩にして」〈幻住庵記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいび【翠微】

山の中腹、八合目あたり。 「 -に登ること三曲二百歩にして/幻住庵記」
遠くに青く見える山。 「かやつりて-つくらん家の内/蕪村句集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翠微の関連キーワード浅葱桜薄緑愚公島山翠楼目に見える遠山摺り誘導期トラノオシダ粕毛 (blue roan)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翠微の関連情報