コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上武次郎 むらかみたけじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上武次郎
むらかみたけじろう

[生]1882.11.10. 京都
[没]1969.7.29.
冶金学者,化学者。京都大学化学科卒業 (1914) 。東北大学講師 (19) ,教授 (22) ,同大学金属材料研究所所長 (36) 。東北大学名誉教授。日本学士院会員。 1956年文化勲章受章。特に合金についての状態図,および特殊鋼の組織図などの研究者。顕微鏡組織を見るための村上試薬などで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上武次郎 むらかみ-たけじろう

1882-1969 大正-昭和時代の金属工学者。
明治15年11月10日生まれ。京都帝大講師から東北帝大にうつり,大正11年教授,昭和11年同大金属材料研究所長。鉄鋼物理化学,特殊鋼を研究し,31年文化勲章,34年第1回本多記念賞をうけた。昭和44年7月29日死去。86歳。京都出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村上武次郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android