コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山宗兵衛 むらやま そうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山宗兵衛 むらやま-そうべえ

1546-1613 江戸時代前期の鉱山師。
天文(てんぶん)15年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の浪人。慶長11年(1606)出羽(でわ)久保田藩(秋田県)領内の院内銀山を開発し,家老渋江政光を通じて久保田藩に献上。山先証文をあたえられ,山師総支配を命じられた。慶長18年7月1日死去。68歳。初名は岡田則義。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村山宗兵衛の関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)スネル(Willebrord Snell)ロマノフ朝ロマノフ朝ペドロ=バウチスタ表千家クウェート宗教改革史(年表)玉甫紹琮ルーブル宮殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android