コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院内銀山 いんないぎんざん

7件 の用語解説(院内銀山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院内銀山
いんないぎんざん

江戸時代から発展した秋田県湯沢市にある銀山。 17世紀初頭に発見されたものといわれる。秋田藩が 19世紀初めに梅津政景らを用いて直轄経営し,天保年間 (1830~44) には相当量の銀を産出し繁栄した (→梅津政景日記 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんない‐ぎんざん〔ヰンナイ‐〕【院内銀山】

秋田県湯沢市の銀山。慶長11年(1606)発見、江戸時代は秋田藩の直轄となり産出量が多かった。昭和29年(1954)閉山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

院内銀山【いんないぎんざん】

秋田県雄勝(おがち)郡雄勝町(現・湯沢市)にあった銀山。かつては石見銀山生野銀山とならぶ大銀山。1606年ごろの発見といわれ,秋田藩直営のもとに採掘,初期には梅津政景が院内銀山奉行として手腕をふるった。
→関連項目梅津政景日記古河市兵衛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

院内銀山

秋田県湯沢市にあった銀山。1606年発見。最盛期の江戸時代後期に「天保の盛山」と呼ばれ国内最大の産出量を誇った。1954年閉山。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんないぎんざん【院内銀山】

秋田県雄勝郡雄勝町院内銀山町にある銀山。JR院内駅から西へ5kmの地点で雄物川上流の十分一沢川に合流する銀山川の谷間に広がる。17世紀初頭から20世紀初めまで石見銀山生野銀山と並ぶ大銀山であった。鉱床は,第三紀のレキ岩,凝灰岩などに覆われたプロピライト(変朽安山岩)中に胚胎する割れ目充てん鉱床で,数条の鉱脈からなり,自然銀,ゼイ銀鉱濃紅銀鉱などの銀鉱物を多く含み,金を伴う。
[沿革]
 1606年(慶長11)に越前敦賀の村山宗(惣)兵衛ら4人の浪人が発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんないぎんざん【院内銀山】

秋田県湯沢市にあった銀山。1605年ごろの発見という。江戸時代は秋田藩直営、1875年(明治8)官営となり、のち古河鉱業に払い下げられた。1954年(昭和29)閉山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院内銀山
いんないぎんざん

出羽(でわ)国雄勝(おがち)郡院内(秋田県湯沢市院内銀山町)に開かれた銀山。1606年(慶長11)に村山宗兵衛(そうべえ)らが発見、秋田藩の直営(直山(じきやま))となる。1619年までは運上銀年200貫以上、人口1万の鉱山町として繁栄した。元和(げんな)・寛永(かんえい)期(1615~44)の運上銀は150~50貫を上下し、その後はしだいに衰退した。初期には山奉行(やまぶぎょう)梅津政景(うめづまさかげ)により鉱山行政全般の確立が図られたが、1725年(享保10)には直山から請山(うけやま)となり山師の請負になった。1817年(文化14)以後ふたたび直山となり、生産額は増加し、33年(天保4)から10年間、銀が毎年1000貫を超え、金も30~40貫に及んだ。明治以降は小野組経営や工部省官営を経て、1885年(明治18)古河(ふるかわ)鉱業会社(現古河機械金属)の経営となり、一時は銀産額年間4100貫に達したが、1921年(大正10)には休山となり、以後、操業再開されたが、1954年(昭和29)閉山した。[村上 直]
『小葉田淳著『日本鉱山史の研究』(1968・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院内銀山の関連キーワード秋田県雄勝郡羽後町赤沼秋田県湯沢市院内銀山町秋田県雄勝郡羽後町雄勝野秋田県雄勝郡羽後町杉宮秋田県雄勝郡羽後町田沢秋田県雄勝郡羽後町足田秋田県雄勝郡羽後町野中秋田県雄勝郡羽後町水沢秋田県雄勝郡羽後町三輪秋田県雄勝郡羽後町向

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院内銀山の関連情報