村山径(読み)むらやま けい

  • 村山径 むらやま-けい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1917-1987 昭和時代の日本画家。
大正6年1月21日生まれ。児玉希望師事。昭和18年新文展に初入選。27年からは日展に出品,33年,34年と連続特選となり,53年「朝の火山」が内閣総理大臣賞。60年「」で芸術院恩賜賞。昭和62年1月23日死去。70歳。新潟県出身。本名。作品に「残雪高原」「白浜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android