コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村本三五郎 むらもと さんごろう

2件 の用語解説(村本三五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村本三五郎 むらもと-さんごろう

1736-1820 江戸時代中期-後期の殖産家。
元文元年生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国の人。綿作の先進各地をたずねて栽培法を研究し,寛政のころ備中(びっちゅう)(岡山県)玉島の法を郷里につたえた。これにより特産の岩国綿がおこる。ハス栽培なども普及させて名産とした。文政3年1月4日死去。85歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村本三五郎

没年:文政3.1.4(1820.2.17)
生年:元文1(1736)
江戸後期の岩国藩豪農。畿内や瀬戸内の諸国で棉の栽培方法を学び,備中国(岡山県)玉島で岩国領に適した棉の種を入手して帰り,領内の村々に棉作を普及させ双子縞の綿織物柳井縞の技法とともに岩国木綿の名声を高めた。<参考文献>『岩国市史』上

(小川国治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村本三五郎の関連キーワード吾妻永随飯田無物乾壺外川上渭白佐脇嵩雪三鍼樗雲歳長(陸奥守系・3代)藤吉子虎森陽信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone