村松常雄(読み)むらまつ つねお

  • 村松常雄 むらまつ-つねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1900-1981 昭和時代の精神医学者。
明治33年4月12日生まれ。村松剛(たけし)の父。昭和25年名大教授,35年医学部長。のち都立松沢病院副院長,国立精神衛生研究所長。精神医学の対象を健常者にまでひろげ,神経症の研究で知られた。昭和56年8月30日死去。81歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android