村松剛(読み)むらまつ たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松剛 むらまつ-たけし

1929-1994 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和4年3月23日生まれ。村松英子の文芸評論,社会評論を手がけ,行動する論客として知られる。昭和51年「の日本文学史」で平林たい子賞,62年「醒めた炎―木戸孝允」で菊池寛賞。筑波大,杏林大などの教授歴任。平成6年5月17日死去。65歳。東京出身。東大卒。著作はほかに「アルジェリア戦線従軍記」「三島由紀夫―その生と死」「評伝アンドレ・マルロオ」など。著作はほかに「アルジェリア戦線従軍記」「三島由紀夫―その生と死」「評伝アンドレ・マルロオ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村松剛の関連情報