コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬秀甫 むらせ しゅうほ

世界大百科事典 第2版の解説

むらせしゅうほ【村瀬秀甫】

1838‐86(天保9‐明治19)
八段,準名人。18世本因坊。江戸の大工の家に生まれる。幼名弥吉。8歳で本因坊家へ入門,文久年間(1861‐64)7段となったが,本因坊相続問題で地方を遊歴。1879年研究会として方円社を主宰し,家元と分裂して翌80年新興棋院に発展させ,機関誌《囲碁新報》を編集配布した。これが月刊囲碁誌の嚆矢(こうし)である。彼は幕府の扶持を離れて動揺していた棋院4家に代わって新時代の碁の指導を志し,国内ばかりでなく西欧まで指向した先駆者であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村瀬秀甫
むらせしゅうほ
(1838―1886)

棋士。初めの名は彌吉。江戸・車坂下(東京都台東(たいとう)区)に生まれる。11歳初段、14歳本因坊家に入門、秀策(しゅうさく)とともに天才とよばれた。その後坊門とたもとを分かち、中川亀三郎、高橋周徳、小林鉄次郎らと方円社(ほうえんしゃ)を結成して自ら社長となり、天下の人材を擁し、その勢威は坊門をしのいだ。のち秀栄(しゅうえい)の跡を襲い18世本因坊を継ぐ。著者に『方円新法』がある。また方円社社長時代に雑誌『囲碁新報』を発刊した。現在なお専門棋士の間でも、芸をもっとも高く評価されている1人である。[河野直達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村瀬秀甫の言及

【碁】より

…幕府の崩壊により家元は禄を離れ,碁界にとっての苦難の道が始まる。
[方円社から日本棋院へ]
 明治維新後の新しい波は秀策の弟弟子村瀬秀甫によって起こされた。家元制を否定する組織〈方円社〉は一般社会への碁の普及を図り,雑誌《囲棋新報》(1879‐1924)を発行するなど時流にのって発展した。…

【方円社】より

…囲碁の研究会。1879年4月,村瀬秀甫,中川亀三郎,小林鉄次郎が本因坊,林,安井の家元と計って結成した。しかし同年9月,家元が秀甫,中川らを破門して分裂したため,翌80年秀甫が社長となって新興棋院として再発足し,新たに家元と関係なく段位制を施行することを東京府知事に届け出た。…

【本因坊】より

…秀和の子17世,19世秀栄は明治後半の碁界で不敗の名人とうたわれ,今もその平明な碁風を慕う人が多い。18世秀甫(しゆうほ)(村瀬秀甫)は奔放な碁風で知られるが,1879年方円社を創設し,権門の庇護を離れた碁を,日本中津々浦々まで広めた功績で高く評価される。21世秀哉(しゆうさい)(本因坊秀哉)は最後の世襲本因坊で,その引退をもって本因坊の名跡は,本因坊位継承全日本専門棋士選手権戦(通称本因坊戦)のタイトルとして生まれかわった。…

※「村瀬秀甫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村瀬秀甫の関連キーワード中川亀三郎(初代)降矢 冲三郎本因坊 秀栄本因坊 秀哉内垣 末吉本因坊秀甫本因坊秀和本因坊秀栄水谷縫次梶川昇方円

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村瀬秀甫の関連情報