コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田春郷 むらた はるさと

3件 の用語解説(村田春郷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

村田春郷

はる郷。江戸の和学者。明和5年(1768)歿、30才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田春郷 むらた-はるさと

1739-1768 江戸時代中期の歌人。
元文4年生まれ。村田春道の長男。賀茂真淵(かもの-まぶち)にまなび,県門十二家のひとり。家督を弟春海(はるみ)にゆずり,歌学に専念。蹴鞠(けまり)の名手でもあった。「村田春郷家集」がある。明和5年9月18日死去。30歳。江戸出身。初名は忠何(ただなり)。字(あざな)は君観。通称は長蔵。号は顕義堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村田春郷

没年:明和5.9.18(1768.10.28)
生年:元文4(1739)
江戸中期の歌人。村田春道の子。初名は忠何。通称は長蔵,字は君観,号は顕義堂。家督を弟の村田春海に譲る。春海と共に賀茂真淵門で県門十二家に数えられる。古書を読み古風の歌をよくし,ことに長歌に優れていた。また蹴鞠がうまく余人の追随を許さなかったという。著書に『春郷家集』(1811年序跋,清水浜臣編),『長歌集』がある。春郷の歌は単なる古歌の模倣ではなく,独自のものとして消化しており,真淵の上代主義を実作において見事に実践したと評価されている。真淵は若くして逝った秀才を惜しんでみずから墓碑の文を書いた。<参考文献>泉貴美子「村田春郷」(『文学遺跡巡礼/国学篇三』)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村田春郷の関連キーワード稲室足穂村田春道村田嘉言林田春海村田春枝狩野種信安田躬弦片岡芳香桜井知栄尼村田多勢子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone