来る者は拒まず(読み)キタルモノハコバマズ

大辞林 第三版の解説

きたるものはこばまず【来る者は拒まず】

孟子 尽心下
仲間になりたい、行動をともにしたいと寄ってくる者はだれでも迎え入れる、ということ。 -去る者は追わず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報