来る者は拒まず(読み)くるものはこばまず

故事成語を知る辞典「来る者は拒まず」の解説

来る者は拒まず

向こうから慕って来るは、拒絶はしない、ということ。

[使用例] 朋友もちろんこれまで疎遠に成って居る人や多少の恨みの有る人にまで招状を発し、来る者は拒まずと云う珍しい開放主義を取った[黒岩涙香*幽霊塔|1901]

[由来] 「孟子尽心・下」に出て来る、孟子のことばから。弟子が盗みの疑いをかけられたとき、孟子は、弟子については「く者は追わず、来る者はこばまず(離れていく者を引き留めようとはしないし、慕ってやってくる者を断ることもしない)」という態度を取っているから、いろんな人間がいてもおかしくない、と述べています。

[解説] 「去る者は追わずにして、参加するのも辞めるのも自由であるという味で、よく使われます。これは、直接的には、一一~一二世紀、北宋王朝の時代の中国の文人しょくの文章の一節、「来る者は拒まず、去る者は追わず」に由来しています。

〔異形〕たるものこばまず。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「来る者は拒まず」の解説

きたものこばまず

《「春秋公羊伝」隠公二年から》心を寄せて近づいて来る者は、どんな者でも受け入れるという意。「来る者は拒まず、去る者は追わず」

ものこばまず

きたる者は拒まず」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android