東レンネル(読み)ひがしレンネル

世界遺産詳解の解説

ひがしレンネル【東レンネル】

1998年に登録されたソロモン諸島の世界遺産(自然遺産)。レンネル島はソロモン諸島の中でも一番南の位置にあり、環状珊瑚礁(さんごしょう)が隆起してできた世界最大の珊瑚島である。島の面積の約2割を太平洋地域で最大級の汽水湖・テガノ湖が占めており、同島の東部370km2の陸地と海岸線から3海里(約5.5km)の海域(珊瑚礁)が国立野生生物公園として自然保護区になっている。世界遺産に登録されているのは、島の南端の3分の1。この一帯は年間3000~4000mmもの降水量がある高温多湿地域で、密林に覆われ、レンネルオオコウモリやシマウミヘビ、マイマイや鳥類、ランやタコノキなど、この地域特有の動植物や稀少種が生息している。しかし近年、登録地周辺の森林の伐採が進み、生態系に影響を与えていることが確認されたことから、世界遺産委員会はソロモン諸島政府に環境影響評価の提出を求め、2013年に危機遺産リストに記載された。◇英名はEast Rennell

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひがし‐レンネル【東レンネル】

East Rennellソロモン諸島南端、レンネル島東部の自然保護区。南太平洋最大の湖であるテガノ湖とその周辺地域に、レンネルオオコウモリやクロッカーウミヘビ、固有の鳥類や陸産貝類などが多く生息する。1998年、世界遺産(自然遺産)に登録。周辺の森林伐採が進んだため、2013年には危機遺産に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例