課程(読み)カテイ

大辞林 第三版の解説

かてい【課程】

学校などで、ある一定期間に配当され、修得しなくてはならない一定範囲の学習や研究などの内容・事項。コース。 「教職-」 「博士-」 〔同音語の「過程」は物事が変化・発展していくプロセスのことであるが、それに対して「課程」は修得しなくてはならない学習・研究上の内容をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の課程の言及

【明】より

…米麦を中心とする現物徴収が原則であったが,中期以降はしだいに銀納化が進行した。田賦以外では,課程と総称される消費税的なものが何種類もあったが,その中では塩課が最も大きかった。また行政運営に必要な労働を民戸に課する徭役は,田賦とならぶ人民の二大負担であったが,これも中期以降しだいに銀納が拡大した。…

※「課程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

課程の関連情報