大学東校(読み)ダイガクトウコウ

大辞林 第三版の解説

だいがくとうこう【大学東校】

東京大学の前身。江戸幕府の医学所の後身の医学校が、1869年(明治2)に改称したもの。東校、東京医学校の名称を経て、77年東京大学医学部となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学東校
だいがくとうこう

明治初期の官立の医学教育機関。明治政府は、1869年(明治2)旧幕府の昌平学校、開成学校、医学校を統合して大学校とした。しかし漢洋両派の争いが激しくなり、同年末(旧暦明治2年12月)大学校が、大学と改称され、医学校を大学東校、開成学校を大学南校と称した。東京・お茶の水に置かれた大学(本校)の東と南の意である。大学は行政と教育の機能をあわせもった機関で、南校は諸藩から石高(こくだか)に応じて学生を貢進させ、外人教師による洋学教授をもくろんだものである。大学南校に比べ大学東校は学制もやや整った高等の教育機関であった。1871年東校となり、ドイツ人教師の指導の下で、プロシア軍医学校を模した教育改革が行われ、1874年東京医学校、1877年東京大学医学部、1886年帝国大学医科大学となった。現在の東京大学医学部の前身である。[神谷昭典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だいがく‐とうこう ‥トウカウ【大学東校】

(所在地下谷御徒町が本校所在地のお茶の水から東の方角に当たるところから) 東京大学の前身の一つ。江戸幕府が創立した医学所の後身の医学校が明治二年(一八六九)に改称。同四年にさらに東校と改称された。翌年、東京医学校となり、同一〇年に東京大学医学部となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大学東校の言及

【医学】より

…とくに臨床実習のために,小島という場所に西欧風の病院を建築しておこなうなど,本格的である。松本良順はここで学んだのち,江戸の医学所の3代目の頭取となって校則を一新するが,やがて幕府解体とともに廃校になり,明治新政府によって,大学東校として再発足(1869),現在の東京大学医学部へとつながっていく。
[明治以後の医学]
 1870年,新政府は大学東校の医学教師としてドイツから2人の軍医を招聘したい旨,駐日ドイツ大使に申し入れている。…

【大学南校】より

…これは本郷湯島にあった大学本校の南にあたる神田一ッ橋に位置していたためである。医学所は下谷御徒町にあり,〈大学東校〉と称した。〈普通学ヨリ専門学科に至ル其理ヲ究メ其技ヲ精フスル〉ことを教育目標としたが,実際には洋学を通じての普通教育を行うことが主であり,とくに英語,フランス語を中心とする語学教育,多数の外国人教師によるその訓練を行った。…

※「大学東校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android