東京大神宮(読み)とうきょうだいじんぐう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京大神宮
とうきょうだいじんぐう

東京都千代田区富士見に鎮座。天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、豊受大神(とようけのおおみかみ)、天之御中主(あめのみなかぬし)神、高御産巣日(たかみむすび)神、神産巣日(かみむすび)神、倭比売命(やまとひめのみこと)を祀(まつ)る。伊勢(いせ)の神宮司庁東京出張所として、明治初年日比谷(ひびや)に設けられ、明治天皇の勅裁を仰いで伊勢神宮の分霊を奉斎したのが創祀(そうし)である。1880年(明治13)社殿完成、82年神宮教院となって、惟神(かんながら)の大道を宣揚した。1923年(大正12)関東大震災のため社殿炎上、28年(昭和3)現在地に遷座した。以後、通称飯田橋大神宮として知られる。46年(昭和21)東京大神宮となった。当社は神宮奉賛会本院と称していた20世紀初頭に、教化事業として神前結婚式を創設、普及に努めた。[阪本是丸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

東京大神宮

東京都千代田区にある神社。1880年創祀。祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)、倭比売命(やまとひめのみこと)。東京のお伊勢様とも呼ばれる。縁結びの神様として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京大神宮の関連情報