コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京演劇アンサンブル とうきょうえんげきアンサンブル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京演劇アンサンブル
とうきょうえんげきアンサンブル

劇団名。 1954年4月,俳優座養成所を卒業した3期生の有志が結成。初めは劇団三期会を名のったが,67年 12月現名称に改称した。早くからブレヒト作品に取組み,80年元映画スタジオを改装して設けた劇場「ブレヒトの芝居小屋」を開場,活動の拠点とする。広渡常敏演出によるブレヒト作『セチュアンの善人』,『ガリレイの生涯』,チェーホフ作『かもめ』などが代表作。岸田国士作品の連続上演も行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京演劇アンサンブル
とうきょうえんげきあんさんぶる

劇団名。1954年(昭和29)4月、俳優座付属俳優養成所三期生の入江洋佑(ようすけ)、本郷淳らと演出家熊井宏之(ひろゆき)ら15名が結成した三期会が前身で、チェホフ会の広渡常敏(ひろわたりつねとし)、塚本信夫らも参加した。旗揚げ公演はF・ウォルフの『森の野獣』で、57年の集団創作『明日を紡ぐ娘たち』で注目され、これに前後するブレヒト劇の上演はしだいにこの劇団の旗色を鮮明にした。67年に東京都杉並区高円寺に稽古場(けいこば)を建設、劇団名を東京演劇アンサンブルと改称した。79年、本拠を練馬区関町北のスタジオ「ブレヒトの芝居小屋」に移して精力的にチェーホフ作品やブレヒト作品などを上演している。90年(平成2)の坂口安吾(あんご)原作『桜の森の満開の下』のニューヨーク公演を手始めに、海外公演にも積極的に取り組んでいる。[大笹吉雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東京演劇アンサンブルの言及

【劇団】より

…正式名称〈劇団仲間〉),〈新人会〉(早野寿郎,小沢昭一ら),〈三期会〉(広渡(ひろわたり)常敏,熊井宏之ら。現,〈東京演劇アンサンブル〉)らの若手新劇団も結成され,浅利慶太ら慶応大学や東京大学の学生演劇出身者によって〈四季〉(正式名称は〈劇団四季〉)も活動を始めた。 そのほかにも多くの新劇団が創立され,活動するが,60年代後半になると近代写実演劇や既成劇団のあり方に対する疑義表明や異議申し立てが盛んになり,既成劇団の分裂が起こるとともに,いわゆる〈アングラ小劇団〉が輩出した。…

※「東京演劇アンサンブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東京演劇アンサンブルの関連キーワードレベンターリ新海百合子岩田 安生鎗田 順吉市原清彦新井量大木村圭吾天光眞弓大笹吉雄葛西佐紀志村智雄伏見哲夫本郷 淳沢柳廸子寺内優作江藤漢斉木村 愰芹川藍木野花新劇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京演劇アンサンブルの関連情報