東京田辺製薬(読み)とうきょうたなべせいやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医薬品メーカー。 1901年開業の薬種問屋,田辺元三郎商店を前身に,1921年株式会社として設立,1943年社名を東京田辺製薬に変更。 1936年日本初の合成ビタミンCを発売,1952年にはビタミン B2 の合成に成功。医家向け医薬品が主体で,主力製品は 1957年発売の肝・胆・消化機能改善剤,抗血小板剤など。婦人・小児科薬にも特色をもつ。 1999年三菱化学と合併し医薬事業を分社化,三菱東京製薬となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android