東京駅丸の内駅舎(読み)とうきょうえきまるのうちえきしゃ(英語表記)Tokyo Station Marunouchi Building

知恵蔵miniの解説

東京駅丸の内駅舎

1914(大正3年)年に創建された東京の表玄関で、国の重要文化財に指定されている。辰野金吾により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきたが、45年、戦災により南北のドームと屋根・内装が焼失した。終戦直後の47年には、3階建てだった駅舎が2階建てに縮小したものの、復旧工事が完了した。その後、2007年から5年4カ月の歳月をかけてリニューアルを実施、創建当時の3階建ての姿に甦った。2012年10月、グランドオープン。総工費は500億円。開発主体であるJR東日本は、皇居に面する丸の内口は低層の再開発にとどめる一方、余った容積率を周辺のビルに売却して「大改造」の資金を確保した。今回の「保存・復原工事」では、外観を創建時の姿に忠実に再現するとともに、鉄骨煉瓦造の下に地下躯体を新設し、機能拡大の工事を行った。巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工されている。

(2012-10-02)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京駅丸の内駅舎の関連情報