コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東旭斎 あずま きょくさい

美術人名辞典の解説

東旭斎

幕末・明治俳人下総生。幼名は彦太郎、字は思敬、別号に声画庵・無耳坊・旭翁・胤孝。高柳丁知・大江由誓門。明治30年(1897)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東旭斎 あずま-きょくさい

1822-1897 江戸後期-明治時代の俳人。
文政5年生まれ。江戸の大江由誓の門人松尾芭蕉(ばしょう)の足跡をたどって,奥羽,北陸,畿内,東海道と吟遊の旅をかさねた。門人に高岡逸叟(いっそう)。明治30年7月5日死去。76歳。下総(しもうさ)佐原(千葉県)出身。名は胤考。字(あざな)は思敬。通称は善太佐衛門。別号に声画庵,無耳坊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東旭斎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android