東路軍(読み)とうろぐん

世界大百科事典 第2版の解説

とうろぐん【東路軍】

1281年(弘安4)の弘安の役時に,江南軍とともに日本に遠征した元軍。蒙古人,漢人,高麗人によって構成され,4万人の軍勢のほか,梢工(しようこう)(船乗り),水手(かこ)(梶取り)1万7000人が900艘の艦船に分乗した。一行は同年5月3日高麗の合浦(がつぽ)を出発し,対馬(つしま)を侵し,壱岐いき)に上陸した。当初は6月15日に壱岐で江南軍と合流する予定であったが,合流をまたず,一部は長門国を侵し,主力は6月6日博多湾の志賀島(しかのしま),能古島(のこのしま)の海上に姿をあらわした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東路軍の言及

【モンゴル襲来】より

…同年6月には日本招諭のための使者が派遣されたが,博多で斬首された。81年1月,フビライは日本遠征の命令を下し,5月3日モンゴル人,高麗人,漢人からなる東路軍が高麗の合浦を出発し,対馬,壱岐を侵して博多へ向かい,一部は長門を襲った。6月6日博多湾にいたり,志賀島(しかのしま),能古島(のこのしま)に上陸した。…

※「東路軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android