弘安の役(読み)コウアンノエキ

デジタル大辞泉の解説

こうあん‐の‐えき【弘安の役】

弘安4年(1281)、蒙古軍が文永の役に続き再度博多に来襲した戦役。14万の大軍で迫ったが、日本軍の応戦と暴風のために壊滅。→文永の役

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうあん【弘安】 の 役(えき)

弘安四年(一二八一)の二度目の蒙古襲来。この年、元のフビライは蒙古・高麗などの東路軍四万と旧南宋の江南軍一〇万をあわせて約一四万の大軍で攻めた。初め東路軍が対馬、壱岐を侵し、のちに江南軍と合して博多湾に侵入したが、暴風雨と幕府軍の反撃によって敗退。→元寇(げんこう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の弘安の役の言及

【江南軍】より

…1281年(弘安4)の弘安の役時に東路軍(蒙古・高麗軍)とともに日本に遠征した,南宋の降兵を主体とした元軍の一派。1279年南宋を滅ぼした元にとって,降伏した旧南宋軍人の処置が緊急の課題となった。…

【高麗】より

…しかし,これらの努力は水泡に帰し,1274年(高麗元宗15∥元至元11∥文永11)には元および元に徴発された高麗軍による第1次日本遠征(文永の役)が決行された。さらに,1281年(高麗忠烈王7∥元至元18∥弘安4)におこなわれた第2次日本遠征(弘安の役)においても,高麗軍はその一翼をになったが,軍兵7592人におよぶ大被害をうけた。 1350年(高麗忠定王2∥正平5∥観応1)以後には,倭寇が朝鮮半島沿岸の各地を襲撃し,官米や人民を略取したが,その惨害は年とともに増大した。…

※「弘安の役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘安の役の関連情報