松の門三艸子(読み)まつのと みさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松の門三艸子 まつのと-みさこ

1832-1914 幕末-大正時代の歌人。
天保(てんぽう)3年3月3日生まれ。江戸下谷数寄屋町の名主の娘。夫と死別後井上文雄の門にまなぶが,家が没落し深川で芸者となる。小三と称し,美貌と才気でならす。後年,歌誌「しきしま」の選者をつとめ,歌塾をひらいた。大正3年8月22日死去。83歳。のち門人により「松の門三艸子歌集」があまれた。本名は小川みさ。
【格言など】いつくしみなでてうけたる黒髪をけふたらちねのみ手に返さん(母がなくなった際,自分の髪を切って墓前に供えたときの歌)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松の門三艸子

没年:大正3.8.22(1914)
生年:天保3.3.3(1832.4.3)
幕末明治期の歌人。父は江戸下谷数寄屋町の名主小川宗兵衛。母は寿賀。容姿すぐれ13歳で結婚したが,夫と死別し実家へ帰って井上文雄に和歌を学び,同門の大野貞子と共に桃桜とたたえられた。実家没落後,深川芸者になり,維新の元勲らの殊遇を得る。晩年は歌塾を開き,短歌雑誌の選者にもなるなど人気歌人となった。<著作>大峰筆子編『松の門三艸子歌集』<参考文献>『明治女流文学集』(『明治文学全集』81巻)

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android