コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松の門三艸子 まつのと みさこ

2件 の用語解説(松の門三艸子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松の門三艸子 まつのと-みさこ

1832-1914 幕末-大正時代の歌人。
天保(てんぽう)3年3月3日生まれ。江戸下谷数寄屋町の名主の娘。夫と死別後井上文雄の門にまなぶが,家が没落し深川で芸者となる。小三と称し,美貌と才気でならす。後年,歌誌「しきしま」の選者をつとめ,歌塾をひらいた。大正3年8月22日死去。83歳。のち門人により「松の門三艸子歌集」があまれた。本名は小川みさ。
【格言など】いつくしみなでてうけたる黒髪をけふたらちねのみ手に返さん(母がなくなった際,自分の髪を切って墓前に供えたときの歌)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松の門三艸子

没年:大正3.8.22(1914)
生年:天保3.3.3(1832.4.3)
幕末明治期の歌人。父は江戸下谷数寄屋町の名主小川宗兵衛。母は寿賀。容姿すぐれ13歳で結婚したが,夫と死別し実家へ帰って井上文雄に和歌を学び,同門の大野貞子と共に桃桜とたたえられた。実家没落後,深川芸者になり,維新の元勲らの殊遇を得る。晩年は歌塾を開き,短歌雑誌の選者にもなるなど人気歌人となった。<著作>大峰筆子編『松の門三艸子歌集』<参考文献>『明治女流文学集』(『明治文学全集』81巻)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松の門三艸子の関連キーワード高橋富兄会田安昌赤井陶然(4代)上野兼子大橋緑葉木村芳雨佐藤嘲花鈴木八束真下飛泉松平建子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone