コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下三光(2代) まつした さんこう

1件 の用語解説(松下三光(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下三光(2代) まつした-さんこう

1829-1887 江戸後期-明治時代の陶工。
文政12年生まれ。父初代三光の跡をつぎ,尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)で朱泥の煎茶(せんちゃ)器などをつくった。門人に磯村白斎,浦川一斎ら。明治20年3月死去。59歳。名は恒二。別号に可楽斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松下三光(2代)の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌鶴屋南北俚言集覧釜石[市]エンデ矢田堀景蔵計算機械カッペレッティ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone