コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下加兵衛 まつしたかへい

1件 の用語解説(松下加兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松下加兵衛
まつしたかへい

[生]天文6(1537)
[没]慶長3(1598).2.29.
戦国時代,遠江の武将。長則の子。初め今川義元に,次いで徳川家康に仕えたが,天正 11 (1583) 年に豊臣秀吉に招かれ,仕えるようになった。小牧・長久手の戦い小田原征伐などに従軍。秀吉は若年の頃,一時加兵衛のもとに寄宿したことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

松下加兵衛の関連キーワードノルウェー文学横浜市の要覧堀部邸明智秀満足利義昭五十嵐川犬山城Edward the Confessorオリンダ刈谷田川

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone