コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下真山 まつした しんざん

1件 の用語解説(松下真山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下真山 まつした-しんざん

1667-1746 江戸時代前期-中期の医師,儒者。
寛文7年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の人。京都で松下見林にまなび,その娘と結婚し跡をつぐ。延享3年9月19日死去。80歳。本姓は坂上。名は慶績。字(あざな)は子節。通称は見櫟。著作に「真山詩集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松下真山の関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門葉桂フェリペ穴井六郎右衛門児童文学浅野長矩江島其磧失楽園奈良利寿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone