コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井幸三(2代) まつい こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井幸三(2代) まつい-こうぞう

1793-1830 江戸時代後期の歌舞伎作者。
寛政5年生まれ。はじめ三味線方で杵屋(きねや)和蔵を名のり,のち作者に転じた。4代鶴屋(つるや)南北のもとではたらき,松井新幸をへて,文化13年2代幸三を襲名文政12年市村座の立作者となり,「曾我評判比翼男」,清元色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」などをかいた。江戸吉原にすみ,幇間(ほうかん)をかねたという。文政13年4月11日死去。38歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松井幸三(2代)の関連キーワードルイ17世奴隷制廃止運動ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)大塩平八郎アヘン戦争ブオナローティ民衆を導く自由の女神