コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原喜代松 まつばら きよまつ

2件 の用語解説(松原喜代松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原喜代松 まつばら-きよまつ

1907-1968 昭和時代の魚類分類学者。
明治40年2月10日生まれ。昭和17年母校農林省水産講習所の教授。22年京大教授。おおくの深海産魚類の新種を発見,また「日本産魚類検索」を完成した。昭和43年12月12日死去。61歳。兵庫県出身。著作はほかに「魚類の形態と検索」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松原喜代松
まつばらきよまつ
(1907―1968)

魚類学者。兵庫県に生まれる。1929年(昭和4)に農林省水産講習所を卒業、同所で魚類を研究し、1943年に同所教授、1947年(昭和22)に京都大学農学部教授となる。魚類の分類形質として骨格系などの内部形態を重視、日本産の全種にわたる検索を完成したことが特筆される。『魚類の形態と検索』『動物系統分類学(魚類)』『魚類学』などの著作がある。[落合 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松原喜代松の関連キーワードプロヴォーク複成片麻岩内褶曲新派劇ミグマタイト新聞小説アナテクサイト電通(株)和歌山線プレート・テクトニクスネオソム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone