コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松坂帰庵 まつざか きあん

2件 の用語解説(松坂帰庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松坂帰庵

真言宗の僧。岡山県生。字は旭信。十四才で得度、のち岡山市三野法界院三十三世の法位を継ぎ、昭和三四年大僧正に補せられる。書を畠山八洲に学び、のち自ら慈雲・寂厳の流を究める。資性は常に温雅・高潔で「今良寛」と呼ばれた。昭和34年(1959)寂、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松坂帰庵 まつざか-きあん

1891-1959 昭和時代の僧。
明治24年4月5日生まれ。岡山市の真言宗法界院住持。書をはじめ絵画,短歌,陶芸にすぐれた。法界院の石造十三重塔,梵鐘(ぼんしょう),鐘楼などをととのえた。昭和34年8月23日死去。68歳。岡山県出身。真言宗聯合(れんごう)京都大(現種智院大)卒。名は旭信。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松坂帰庵の関連キーワード新木栄吉青木融光網代智海吾妻俊夫大田菊子加来素六川合渉土岡春郊中山玄秀若柳寿慶

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone