コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松堂高盛 しょうどう こうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松堂高盛 しょうどう-こうせい

1431-1505 室町-戦国時代の僧。
永享3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)円通院の大輝霊曜(だいき-りょうよう)について出家,のち古山崇永(こざん-すうえい)の法をつぎ,円通院の住持となる。遠江大洞院,加賀(石川県)仏陀寺,能登(のと)(石川県)総持寺の住持をへて円通院にかえり,長福寺をひらいた。永正(えいしょう)2年2月11日死去。75歳。遠江出身。著作に「円通松堂禅師語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松堂高盛の関連キーワード近衛政家フィレンツェ公会議エウゲニウス4世ジャンヌ・ダルクニマットラー・ワリーマルチヌス5世バーゼル公会議ローマ大学エルコレ1世[エステ家]明の時代(年表)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android