コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松室松峡 まつむろ しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松室松峡 まつむろ-しょうこう

1692-1747 江戸時代中期の神職,儒者。
元禄(げんろく)5年1月8日生まれ。京都松尾社の月読社の禰宜(ねぎ)。伊藤東涯にまなぶ。神職のかたわら儒学を講義し,白話小説の研究をした。延享4年10月2日死去。56歳。名は煕載(ひろこと),種愷(たねひで)。字(あざな)は虞臣。通称は式部。著作に「平安花柳録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松室松峡の関連キーワード秦松峡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android