コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松室松峡 まつむろ しょうこう

1件 の用語解説(松室松峡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松室松峡 まつむろ-しょうこう

1692-1747 江戸時代中期の神職,儒者。
元禄(げんろく)5年1月8日生まれ。京都松尾社の月読社の禰宜(ねぎ)。伊藤東涯にまなぶ。神職のかたわら儒学を講義し,白話小説の研究をした。延享4年10月2日死去。56歳。名は煕載(ひろこと),種愷(たねひで)。字(あざな)は虞臣。通称は式部。著作に「平安花柳録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松室松峡の関連キーワード桂川甫筑クラッセ青海島鯨墓当道座延岡藩上山藩延岡藩竹田出雲(初代)桃園天皇狗張子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone