コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡調 まつおか みつぎ

1件 の用語解説(松岡調の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡調 まつおか-みつぎ

1830-1904 江戸後期-明治時代の国学者。
文政13年7月2日生まれ。讃岐(さぬき)高松藩士佐野正長の子。友安三冬(ともやす-みふゆ)にまなぶ。松岡寛房の養子となり,多和神社祠官。維新後,藩の皇学寮督学,兵庫県の伊和神社宮司などをつとめる。古典の考証,古器鑑定にすぐれた。明治37年12月死去。75歳。別名に信正,春礿(はるとき),御調。号は香木舎。著作に「斉明紀童謡弁」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松岡調の関連キーワード民衆を導く自由の女神アメリカ美術解析変成作用熱雲東欧演劇シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone