御調(読み)みつぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「御調」の解説

御調
みつぎ

広島県東部、御調郡にあった旧町名(御調町(ちょう))。現在は尾道市(おのみちし)の北部を占める地域。旧御調町は1955年(昭和30)市(いち)、菅野(すがの)、上川辺(かみかわべ)、河内(かわち)、今津野(いまつの)、奥の6村と諸田(もろた)村の一部が合併して町制施行。2005年(平成17)尾道市に編入。国道184号、486号が通じる。中心の市は御調川沿いの東西路と、尾道から山陰地方へ至る出雲(いずも)街道(国道184号)の交点にあり、市場町として発達した。農林業が主で、御調米・野菜・果樹栽培や御調牛の飼育、養鶏などを行い、尾道市の市街地や三原市への通勤者も多い。照源寺の木造涅槃(ねはん)仏は国指定重要文化財。高(たか)御調八幡(はちまん)神社の豊年踊・雨乞(ご)い踊の「みあがりおどり」は県指定無形民俗文化財。

[北川建次]

『『御調町史』(1988・御調町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「御調」の解説

御調
みつぎ

広島県南東部,尾道市北部の旧町域。 1955年上川辺村,菅野村,市村,河内村,今津野村,奥村の6村および諸田村の一部が合体して町制。 2005年尾道市に編入。芦田川の支流御調川流域に耕地が開ける。傾斜地ではクリマツタケ,果樹などを栽培する。府中市からのダイカスト加工工場や家具工場などの工場進出がみられ,尾道市街地をはじめ,府中市,福山市への通勤者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android