コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平乗佑 まつだいら のりすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平乗佑 まつだいら-のりすけ

1715-1769 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)5年9月29日生まれ。松平乗邑(のりさと)の次男。延享2年父の蟄居(ちっきょ)で下総(しもうさ)佐倉藩主となり,翌年出羽(でわ)山形藩にうつされる。奏者番,寺社奉行をつとめ,明和元年大坂城代就任を機に,三河(愛知県)西尾藩主松平(大給(おぎゅう))家初代となる。6万石。明和6年9月4日死去。55歳。通称は源次郎。和泉守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平乗佑 (まつだいらのりすけ)

生年月日:1715年9月29日
江戸時代中期の大名
1769年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

松平乗佑の関連キーワード土井利見松平乗完生年月日堀直起正徳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android