コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平乗秩 まつだいら のりつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平乗秩 まつだいら-のりつね

1839-1873 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)10年5月13日生まれ。松平乗寛(のりひろ)の4男。兄乗全(のりやす)の養子となり,文久2年三河(愛知県)西尾藩主松平(大給(おぎゅう))家5代。奏者番,寺社奉行をつとめる。慶応4年鳥羽・伏見の戦いの10日後,藩士の総登城による議論のすえ勤王方につくことがきまった。明治6年6月3日死去。35歳。通称は源次郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平乗秩の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ヒルゲンドルフ日本科学史(年表)大不況

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android