松平乗紀(読み)まつだいら のりただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平乗紀 まつだいら-のりただ

1674-1717* 江戸時代前期-中期の大名。
延宝2年生まれ。松平乗政(のりまさ)の長男。はじめ石川姓を名のる。貞享(じょうきょう)元年信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)藩主となる。元禄(げんろく)15年転封(てんぽう)されて美濃(みの)(岐阜県)岩村藩主松平(大給(おぎゅう))家初代。2万石。同年奏者番。16年松平姓に復する。藩校文武所を創設。享保(きょうほう)元年12月25日死去。43歳。通称は吉十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android