コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定房 まつだいら さだふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定房 まつだいら-さだふさ

1604-1676 江戸時代前期の大名。
慶長9年8月12日生まれ。松平定勝(さだかつ)の5男。寛永2年伊勢(いせ)長島城主(7000石)となり,12年伊予(いよ)(愛媛県)今治(いまばり)藩主松平(久松)家初代。3万石。寛文5年江戸城大留守居役をつとめ,1万石を加増された。延宝4年6月28日死去。73歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。通称は仙(千)徳。号は安心軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平定房の関連キーワード愛媛(県)松平定時久松定房今治藩