コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康定 まつだいら やすさだ

2件 の用語解説(松平康定の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平康定

石見浜田藩主。通称吉五郎・右京亮・周防守。前田房長の子、松平康福の養子。藩の内政に力を注ぎ殖産興業に尽し、石見の特産物として和紙・石州瓦等の製造を奨励し、また学問の振興もはかった。本居宣長門人。詠歌を能くした。著書に『万葉八重畳』がある。文化4年(1807)歿、61才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康定 まつだいら-やすさだ

1748*-1807 江戸時代後期の大名。
延享4年12月1日生まれ。前田房長の3男。松平康福(やすよし)の婿養子となり,寛政元年石見(いわみ)(島根県)浜田藩主松平(松井)家6代。奏者番,寺社奉行をつとめる。3年藩校長善館を創設。国学の学識がふかく,古歌の索引「八重畳(やえだたみ)」をあらわした。文化4年3月11日死去。61歳。通称は吉五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平康定の関連情報