コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

う【右】[漢字項目]

[音](呉) ユウ(イウ)(漢) [訓]みぎ
学習漢字]1年
〈ウ〉
みぎ。「右折右辺右腕右往左往
保守的なこと。「右傾右派右翼極右
野球で、右翼。ライト。「右飛・右中間
〈ユウ〉
みぎ。「机右左右座右
たっとぶ。「右文
補佐する。「右筆
〈みぎ〉「右腕右側右手右端
[名のり]あき・あきら・これ・すけ・たか・たすく
[難読]右近(うこん)左右(そう)左右(とかく)右(とにかく)・右手(めて)

みぎ【右】

東に向いたとき南にあたる方。大部分の人が、食事のとき箸(はし)を持つ側。右方。「四つ角をに曲がる」⇔
右方の手。みぎて。「を差して寄って出る」⇔
左手より右手の利くこと。右利き。「の速球派投手」⇔
野球の右翼。ライト。「越え本塁打」⇔
保守的な思想傾向があること。右翼。「寄りの党派」⇔
二つを比べてすぐれている方。
縦書きの文章でそれより前の部分、またはそれより前に記してある事柄。「に述べたとおり」
《御所から見て右側になるところから》京都の町で西側の部分。「の京」
歌合わせ・絵合わせなどで、右側の組。⇔
10 官職を左右に分けたときの右方。昔、中国では右を上席とし、日本の官位制度の中では左を上位とした。「の大臣(おとど)」⇔

みぎり【右】

《「ひだり」に合わせて「みぎ」に「り」を添えた語か》「みぎ」に同じ。
「夫人の―の脇より身の中に入り給ひぬ」〈今昔・一・一〉

ゆう【右】[漢字項目]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぎ【右】

空間を二分したときの一方の側。その人が北に向いていれば、東にあたる側。 ↔ 「 -を向く」
(人の)体での側。また、その側の手・足など。 ↔ 「 -投げ左打ち」
[1] (縦書きの文章で)前に記したこと。既述したこと。 「 -の通り相違ありません」
革新的な側に対して、保守的な側。右翼。 ↔ 「 -に寄った考え」
歌合・相撲など左右に分かれてする競技で、右側の組。 「つひに-負けにけり/源氏 賢木
同じ職掌の官を左右二つに分けた時の下位の方。通常左を上位とした。 ↔ 「左大臣亡せ給ひて-は左に/源氏 竹河
〔中国、戦国時代に、右側を上位として尊んだことから〕 上座・上席。また、すぐれている方。上位。 「三浦は千葉が-に立たん事を忿て/太平記 12

みぎり【右】

みぎ。 「文を左にし武を-にす/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【象徴】より

…一般的に言って,象徴は,精神を一つの課題に直面させ,探究的な思惟へと向かわせ,さらに思考をいわゆる一義的な記号の閉じた回路から解き放つと同時に,精神をある全体的なものに向かわせる働きをもつといえよう。 たとえば右手と左手。右手と左手の機能差は単なる生理的な事実でしかない。…

【右と左】より

…右あるいは左を絶対的に定義することは不可能である。一般には例えば右を〈北を向いたとき東にあたる方〉とか〈東を向いたとき南にあたる方〉と定義するが,東を定義するのに〈北に向かって右〉とかいうふうに右,左を使わねばならないから,これは一種のトートロジーである。…

※「右」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右の関連キーワードクオーターネルソン三文字屋庄左衛門酒井田柿右衛門小原治五右衛門ワンツーパンチ大谷友右衛門はりま投げしゅ木ぞりたすきぞり鷺仁右衛門小股すくい下手ひねり上手ひねり合掌ひねりつかみ投げとったり右近の陣腕ひねり掛け投げ腕頭動脈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右の関連情報