コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康次 まつだいら やすつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康次 まつだいら-やすつぐ

1544-1615 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)13年生まれ。宮石松平氏。徳川家康につかえ,武功により明珍宗行(みょうちん-むねゆき)作の二方白(にほうしろ)の兜(かぶと)をあたえられた。長久手の戦いなどで活躍し,大坂冬の陣では駿府(すんぷ)城の留守居をつとめた。元和(げんな)元年8月22日死去。72歳。通称は新五左衛門,加賀右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平康次の関連キーワードブルース如春尼本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦古田織部清原国賢三宅康貞山田玄瑞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android