松平康次(読み)まつだいら やすつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康次 まつだいら-やすつぐ

1544-1615 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)13年生まれ。宮石松平氏。徳川家康につかえ,武功により明珍宗行(みょうちん-むねゆき)作の二方白(にほうしろ)の(かぶと)をあたえられた。長久手の戦いなどで活躍し,大坂冬の陣では駿府(すんぷ)城の留守居をつとめた。元和(げんな)元年8月22日死去。72歳。通称は新五左衛門,加賀右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android