コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠政(1) まつだいら ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠政(1) まつだいら-ただまさ

1580-1614 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)8年生まれ。奥平信昌(のぶまさ)の3男。母は徳川家康の娘亀姫。菅沼定利(さだとし)の養子となり,慶長7年上野(こうずけ)(群馬県)吉井城主。同年松平姓をあたえられ,実父から6万石を分与されて美濃(みの)(岐阜県)加納藩主松平家初代となる。慶長19年2月2日死去。35歳。三河(愛知県)出身。通称は忠七郎。洗礼名にフランシスコ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠政(1)の関連キーワードキリシタン関係主要人名アビス朝キリシタン用語集一向一揆アビス朝アク・ナザル・ハンアビス朝石山戦争加賀一向一揆鳥取(市)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android