コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沼定利 すがぬま さだとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼定利 すがぬま-さだとし

?-1602 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
同族の菅沼定盈(さだみつ)とともに徳川家康につかえる。天正(てんしょう)18年家康の関東入国の際,上野(こうずけ)(群馬県)吉井に2万石をあたえられた。城下に菩提寺の玄太(げんたい)寺を創建。慶長7年10月22日死去。三河(愛知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅沼定利の関連キーワード松平忠政(1)毛利秀頼遠山友忠吉井藩同族

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android