菅沼定利(読み)すがぬま さだとし

  • 菅沼定利 すがぬま-さだとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1602 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
同族の菅沼定盈(さだみつ)とともに徳川家康につかえる。天正(てんしょう)18年家康の関東入国の際,上野(こうずけ)(群馬県)吉井に2万石をあたえられた。城下菩提寺の玄太(げんたい)寺を創建。慶長7年10月22日死去。三河(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android