コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレジヨ コレジヨCollegio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレジヨ
Collegio

カトリック教会の高等教育施設の一つ。日本では天正8 (1580) 年イエズス会士 A.バリニャーノにより豊後府内 (大分市) に創設された。同 14年島津氏の侵入によって焼失し,山口に移り,さらに加津佐 (島原半島南西端) ,天草を経て長崎へ移転。聖職者の養成とヨーロッパ文化の伝達を目的として,哲学,神学,一般教養を教え,教義書や辞書,物語などの印刷出版も行なった。 (→キリシタン版 , セミナリオ )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コレジヨ

イエズス会東インド巡察使バリニャーノが,1581年豊後府内(現大分市)に創設した神学院。ポルトガル語で大学の意。のち戦乱と迫害により九州各地を転々と移動。同じ年に肥前大村に開設した語学コレジヨも西九州を流転した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コレジヨ【Collegio[ポルトガル]】

イエズス会東インド巡察師バリニャーノにより,1580年(天正8)豊後の府内に設立された神学院。ヨーロッパ人イルマン(修道士)と豊後の臼杵のノビシアド(修練院)で修練期を終えた者が入学し,哲学,神学,自然科学,ラテン語,日本語と日本文学,仏法などを学んだ。戦乱と迫害のために,山口,肥前生月島の山田,長崎,千々石(ちぢわ),有家(ありえ),加津佐,天草,長崎に移動して1614年(慶長19)まで続き,キリスト教思想とヨーロッパの学問の日本移植に功績を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コレジヨ【Collegio】

聖職者の養成と、西欧文化を日本人に広めるためイエズス会のバリニャーノが設立した学校。神学・宗教学・哲学・自然科学・ラテン語など高等教育を行なった。1580年、豊後の府内(大分市)に創設、迫害を受けて天草や長崎などに移る。辞書・物語などの出版も行なった。1614年廃止。コレジオ。 → セミナリヨ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコレジヨの言及

【南蛮文化】より


[教育活動]
 社会事業活動とともに特筆されるのはイエズス会の教育活動で,同会は幼児教育を重視し,1561年(永禄4)以降83年(天正11)までに200余りの教会付属の学校を設け,宗教教育を助けた。同会は教育事業を布教の手段としてではなく教会の本質的任務とみなし,79年来日した巡察師バリニャーノは日本人司祭養成の必要を痛感し,まずキリシタン子弟の教育のため有馬と安土にセミナリヨを,さらに高等教育機関として豊後府内にコレジヨを,また修道者のためにノビシアド(修練院)を臼杵に設けた。セミナリヨは6年課程で3段階のカリキュラムからなり,ラテン語,自然科学,日本文学,音楽,絵画および印刷術が教えられた。…

※「コレジヨ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コレジヨの関連キーワード熊本県天草市河浦町白木河内ぎや・ど・ぺかどるぎや・ど・ぺかどるキリシタン学校キリシタン文化式見市左衛門フィゲイレド千々石ミゲル加津佐[町]養方軒パウロカルバリョ河浦[町]カルバリヨセミナリヨロドリゲスメスキータ伊曾保物語ハビアン南島原市モラレス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コレジヨの関連情報