コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠雅 まつだいら ただまさ

2件 の用語解説(松平忠雅の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平忠雅

江戸中期の大名。白川生。備後福山城主、のち伊勢桑名城主となる。延享3年(1746)歿、64才。法名は大梁院仁獄紹裕。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠雅 まつだいら-ただまさ

1683-1746 江戸時代前期-中期の大名。
天和(てんな)3年9月24日生まれ。松平清照(きよてる)の長男。元禄(げんろく)5年祖父忠弘(ただひろ)が致仕し,10歳で出羽(でわ)山形藩主となる。備後(びんご)福山藩をへて,宝永7年伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平(奥平)家初代。10万石。延享3年6月20日死去。64歳。通称は左膳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松平忠雅の言及

【備後国】より

…このうち5万石は引き続き幕府領となり,その約4万石(備後領)を甲奴郡上下代官所支配とし,あとの約1万石(備中領)を小田郡笠岡代官所の支配下においた。また残る10万石には,1700年に出羽国山形から松平忠雅が入封し,福山藩を継承した。忠雅は10年後の1710年(宝永7)伊勢国桑名に転じ,あとに下野国宇都宮から阿部正邦が入封した。…

※「松平忠雅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平忠雅の関連キーワード常行奥田有益小坂貞直五条経子小菅正親榊原平右衛門太兵衛松原鶴峰森養竹(初代)米倉昌照

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone