コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平正直 まつだいら まさなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平正直 まつだいら-まさなお

1844-1915 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)15年2月26日生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の越後口(えちごぐち)軍監として活躍。維新後は大久保利通(としみち)に重用され,宮城県知事,熊本県知事,内務次官をつとめる。貴族院議員,枢密顧問官。大正4年4月20日死去。72歳。通称は源太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平正直

没年:大正4.4.20(1915)
生年:弘化1.2.26(1844.4.13)
明治大正期の官僚。越前国(福井市)出身。福井藩士松平正泰の子。安政5(1858)年家督相続,元治1(1864)年藩大番頭。戊辰戦争(1868~69)には会津征討越後口軍監として出兵した。明治2(1869)年藩少参事,3年9月民部省出仕,6年11月内務省創設に伴い内務少丞,10年内務権大書記官,この間大久保利通内務卿の知遇を得,11年7月宮城県権令に転出,同県令を経て19年7月同県知事,次いで24年熊本県知事。なお25年の第2回総選挙時には品川弥二郎内相の命を帯び郷里福井県の選挙に干渉画策するところがあった。29年9月第2次松方正義内閣の樺山資紀内相の下で内務次官,31年1月次官辞任と同時に貴族院議員に勅選され,同年11月第2次山県有朋内閣の西郷従道内相の下で再度内務次官に就任,33年5月男爵を授けられ華族に列した。その後実業界にも進出し,さらに43年10月枢密顧問官に任ぜられた。明治時代を通じいわゆる薩長藩閥勢力下の典型的な内務官僚のひとりであったといえよう。

(池内啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松平正直の関連キーワード乾坤一太閤

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松平正直の関連情報