松平直諒(読み)まつだいら なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直諒 まつだいら-なおよし

1817-1861 幕末の大名。
文化14年10月5日生まれ。松平直寛(なおひろ)の長男嘉永(かえい)3年出雲(いずも)(島根県)広瀬藩主松平(越前(えちぜん))家9代となる。製紙,製油など殖産につとめ,書画,俳諧(はいかい)をたしなんだ。文久元年9月5日死去。45歳。号に沾嶺,玉峯,浩斎。名は「なおあき」ともよむ。

松平直諒 まつだいら-なおあき

まつだいら-なおよし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android